Hatena::Groupcobrac8nu

最新情報 RSSフィード

2009.06.29

「但しイケメンに限る」

はてなブックマーク - 「但しイケメンに限る」 - 最新情報

これ、自分の2ちゃんねるにおける観測範囲(というほど広いものではない)にはまだ出現してないんですけど、これの「ズレてないAA」というのは出回ってないのでしょうか。もっとも、誰かがズレを修正したバージョンを作成してもそっちが普及するわけではない、というパターンはありがちな話ではありますけども。

2009.06.28

アスキーアート保護協会とウィキペディア

はてなブックマーク - アスキーアート保護協会とウィキペディア - 最新情報

ゲームCGのAA化や実写人物のトレースAAは元の画像や人物の著作権を侵害している恐れがあると、ここでは大真面目に話し合われ、実際AAが削除されてしまったケースもあるようです。「黒AA」という考え方は完全に立ち消えになったものだと思っていたのに、こんなところで密かにその流れが生きていたということに正直驚きました。もちろん、Wikipediaを編集している人達と過去のAAAPとはなんら関係ないとは思いますが、考え方の根底に同じ物を感じたのです。

AAL Blog - AAと著作権の話、諸々

シベリア超速報板における「アスキーアート保護協会」(AAAP)の活動がAA制作者に総スカンを食らった結果立ち消えに終わったのは、「AA保護」を銘打っておきながら実際にはそれとは程遠い内容を実行しようとしたという矛盾に原因があるのであって、もしあれが例えば「AAという荒らしのためのツールを撲滅する」というキャンペーンであれば(もちろんAA愛好者の支持は得られないでしょうが)、話の辻褄としては合っていたでしょうし、別のグループから一定の支持を得ることもできたのではないでしょうか。

「黒AA」という考え方に対する異議といっても、結局のところは「現状の混沌とした状態でうまくいっているのだから、そっとしておいてくれ」というあくまでもAA愛好者サイド(私自身を含めて)の希望というものであって、それらが法の上ではどうなのかということ自体は、それとは別に(未確定の状態ではありますが)どこかで存在するわけです。むろんそれらのAAに対して白か黒かという2値化という作業を行えば、そのほとんどはたちまちのうちに死んでしまうというのは事実でしょうけども、それはアニメのキャプチャー画像やコミックのスキャン画像などをトレースして作成したAAというものにはそういう性質があるということからは、やはり逃れられないのではないかと思います。

ウィキペディアにおける議論は、あくまでウィキペディアに掲載するかしないか(すべきかせざるべきか)という議論であって個々のアスキーアートの表現が一般的にシロなのかクロなのかを俺たちが判断しよう、という性質のものではないでしょう。また、ウィキペディアの記事はGFDLライセンスでの公開が前提ですので、GFDL以外のライセンスで提供されている公表物を掲載することができるかどうかの吟味という側面もあるでしょう。(現状としては2ちゃんねるからのAAの転載は可あるいは黙認という状態にあるようですが)

要は、100円拾って交番に届ける人はいないけど、ウィキペディア的にネコババはしないようにする方向で、ということだと思います。

Wikipedia:井戸端/subj/二次創作物と削除の方針 - Wikipedia

Wikipedia:削除依頼/著作権侵害のおそれのあるAAがある(もしくは過去にあった)記事 - Wikipediaにおける結論は要するに「問題先送り」ということです。なので、AAの著作権にまつわる何がしかの判例が今後出てくることがあれば、再び議論が俎上に上り、また異なった結論が出てくるはずです。

許諾について

果たして、わざわざ「そちらの版権キャラのAA作っていいですか?」と聞かれて「はいどうぞ」と答える版権・肖像権保持者がいるのでしょうか?

この問い(まあ反語のつもりなのでしょうけども)に対する答えは、出版社やテレビ局に限定してという内容であれば、「ない」という答えでむろん正解なのでしょうけど、版権保持者というものはそれらの企業に限定されるものではないので、実のところは「いるところにはいる」というのが正解じゃないのでしょうか。

とくにCCGFDLのライセンスが明示されているものであれば「はいどうぞ」の回答が返ってくる可能性は高いと思いますけど。

肖像権について

過去にみみずん検索の中の人が、2ちゃんねる過去ログのミラーコピーに関して、AAによる肖像権の侵害を理由とする削除依頼を受けたことがあるそうです。この事例はほぼ言いがかりに近いものであったようですが、もし仮にこれがコミックの登場人物のAAではなく実在人物のAAであったなら、刑事事件とまでは行かないまでも、少なくともサービス停止という事態に至ったであろうことが想像されます。*1

811 : ◆MiMIZUNCjA []:05/02/19 02:15:52 ID:/1+h78i/

このAAの元ネタ教えて下さい。

http://mimizun.com:81/blog/archives/s-aasex.jpg

なんか似顔絵で肖像権の侵害だから削除してくれって依頼があるんですが・・・どうもねぇ。

削除ってのはみみずんさーばー内のデータなんですけどね。

813 :(*゚Д゚)さん [sage]:05/02/19 02:40:46 id:i8YY7436

>>811

ギコペのデータに「印南」とあったので

「勝負師伝説 哲也 -雀聖と呼ばれた男-」の「印南善一」だと思う。

815 : ◆MiMIZUNCjA []:05/02/19 02:57:50 ID:/1+h78i/

>>812-814

ありがとうございます。助かりました。

◆◆顔文字板、Q&A 質問 スレッド Part11◆◆

これとは直接の因果関係はありませんが、他にも2ちゃんねるの過去ログミラーを提供していたサイトが、同種の厄介なトラブルに巻き込まれる危険性から、「それならいっそのこと」と先回りする形で閉鎖してしまった事例もあります*2

有名人・芸能人以外の一般人であっても、「似顔絵」のような形でAAが作成されることは決して稀ではなく、「ニート君」や「物売るっていうレベルじゃねーぞ!」のようにニュース映像で映された人物がキャラクターとして扱われるのはよく知られているところだと思います。現状はたまたまそれらを訴える人が出てこないというだけで、将来的にどうかということは分からないとしか言いようがありません。

関連しそうなところ

*1:参考URL: みみずんぶろぐ: みみずん検索サービス停止の可能性 -- 2005年3月の記事 現在閲覧不可

*2:「読めないdat落ちスレのミラー作ります」 その趣旨の発言をどこで見たかは記憶がはっきりしないのですが。ガイドライン板あたりか。

2009.06.27

「アナロ熊」の著作権に関する表記について

| はてなブックマーク - 「アナロ熊」の著作権に関する表記について - 最新情報

先日AAL Blog - AAと著作権の話、諸々のコメント欄において、アナロ熊というキャラクターに関する「著作権完全フリー」に対する疑念を表明したのですが、この表記は、どうも「地デジカ」のキャラクターに関する民放連の考え方に対しての、脊髄反射的反応の副産物に過ぎないように思います。

誰がそれを宣言しているのかが不分明なこと、元となった「クマー」AAの著作権(それが存在するとすれば)に対して「アナロ熊」の作者や利用者がどのような対応をしているかがはっきりしないこと、商用利用に対する抵抗感が表明されることなどの点を見ると、それが実質を伴ったものではなく「看板に偽りあり」という状況が見て取れるので、それを民放連への「当てつけ」や「皮肉」として評価するには難があります。

ここにおける反応や、過去のAAのキャラクターにまつわるトラブルを考えると、完全フリーではなく、コピーレフト系のライセンス(たとえばクリエイティブコモンズの「非商用」オプションつきのもの)を適用するほうがやろうとしている内容には近いと自分は思うのですが。ただし、それを行うためには「アナロ熊」の著作権が誰かを明確にして、その人物によって宣言が行われる必要があります*1。作者ではない人物が勝手にコピーレフトを宣言するというわけにはいきません。これは著作権放棄の宣言であっても同様のことが言えますが。

各サイトにおける実際

さて、「アナロ熊」掲載サイトを見ると、キャラクターの著作権に関する表示には混乱が見られます。これは、このキャラクターの著作権に関して、はっきりとした合意がないということに他なりません。また、2chというところは住人の合意を形成することが極めて困難な場所でもあります。

私自身は「完全フリー」という言葉からは「パブリックドメイン」に近い印象を受けるのですが、「フリー」という語にはいろいろ意味がありまして、その解釈によっては「著作権はありません」も「著作権フリー」も同じものということになるかもしれません。たとえば単純に「無料」や「自由に使用してよい」というほどの意味にも取れますが、場合によっては「著作権とは無縁」、つまりそもそも著作権が発生しない、著作権による保護の対象外である、というアピールだという解釈も一応可能でしょう。

しかし、裏を返せば「著作権完全フリー」という表現はそれだけでは「玉虫色」ということでもあります。

「著作権はありません」

もしアナロ熊のアピール点の要が、「キャラクターは著作権による保護の対象外である」ということにあると仮定すると、民放連の「地デジカ」に対するアンチテーゼとしては極めて有効なものになるでしょう。しかし、その主張するところのものは地デジカだけでなく、モナーやギコ猫などといったAA由来の他のキャラクターにも及ぶということを考慮しなければいけません。

一般論として

実態として、AAであるとか2ちゃんねるの書き込みをブログに掲載するなどコピペして利用する場合*2には、誰かの許可が必要だとはされていないので、自由に利用してよい性質のもののように思われます。

が、実のところこれらにはちゃんとした利用条件(ライセンス)があって、それは一言で言うならば「空気を読め」ということに他なりません。これは、何年か2ちゃんねるを見ていれば次第に理解できる内容ですが、それが具体的にどういうことかは外部からは非常にわかりにくいもので、それゆえにトラブルが生じることも少なくないのでしょう。あえてその最大公約数的なものを言語化するならば、「使用にあたって金銭を要求することはありませんが、それで金儲けをするのはダメです。商利用や有名企業が使用する場合はしかるべきところ(一例としてひろゆき)にご相談ください」というあたりなのではないでしょうか。

フリーのようだが本当はフリーではない、というのは2ちゃんねるによくあることなのかもしれません。

*1:キャラクターに著作権が発生するかどうかも問題ではあるが、さて措く。

*2:モナー・ギコ猫・クマーやアナロ熊などの「キャラクター」の話からは外れることに注意いただきたい。

as365n2as365n22009/06/27 09:29書き上げてから思ったのは、2ちゃんねるに近いところでは「ありません」が多いのに対して、外部のニュースサイトという距離をおいたところで「フリー」の表記が多いということ。後者の印象が強かったためにこういう内容を書いたのだけど、2ちゃんの(とくにニュース系板の住人の)実際の認識とは違うものを見ていたかもしれないなと反省している。

2009.06.17

テルグ語の毒?

| はてなブックマーク - テルグ語の毒? - 最新情報

以下のような文字列を含むAAが各ソフトウエア上でどのように表示されるかというWindows XP SP3上のスクリーンショット。

^ิ౪^ิ

f:id:cobrac8nu:20090617215657p:image

f:id:cobrac8nu:20090617221852p:image

1枚め
右上 JaneView, 左上 Google Chrome 2, 右下 Opera 9.6, 左下 Mozilla Firefox 3
2枚め
右上 IE7 ,左上 Firefox(1行選択した状態), 右下 Safari, 左下 (´д`)Edit

ソフトウエアごとのレンダリング結果の違いも興味深いですが、Firefoxの場合の&#3178(U+0C6A)を含む行のラインボックス生成のしかたがちょっと変わっていて、ちょうどAAの首が飛んだような状態になっています。U+0C6Aはテルグ語の4を意味する文字だそうですが、この文字の副作用ということになりますでしょうか。

これは、IE6等で発生するといういわゆる「シリア語ブラクラ」と呼ばれる現象と似ています。ただし、IE6の場合にはそれ以降の表示すべてに影響する(そのために「ブラクラ」と忌避される)のと異なり、Firefoxの場合はその行以外には影響しないようです。

関連記事等

2009.06.05

IBM拡張文字とWindows版Safari

| はてなブックマーク - IBM拡張文字とWindows版Safari - 最新情報

WindowsSafariではIBM拡張文字が表示されない場合があるみたいです。

f:id:cobrac8nu:20090605204558p:image

上記スクリーンショット(このサイトの文字エンコーディングはEUC-JP)では「鈺」の字(金偏に玉)が表示されず、中黒のようなものが表示されています。他にもローマ数字「Ⅷ」も表示されませんでした。ただし、エンコーディングがUTF-8のページで確認すると、今度は「鈺」もローマ数字もちゃんと表示できました。*1

なお、同じレンダリングエンジン(WebKit)搭載のGoogle ChromeではEUC-JPのサイトでもIBM拡張文字の表示に問題はありませんでした。

ある意味「機種依存文字」であるIBM拡張文字は、使いどころに注意しないといけないということでしょう。以前、Bloglinesでフィードを読んだ際に、ダイアリーの記事中のローマ数字が化けていて文意が通じないということもありました。一方で、エンコーディングがUTF-8のはてなリングの掲示板に書き込まれたローマ数字の場合は問題なくフィードの表示ができていました。AAを掲載するならEUC-JPのはてなダイアリーよりも、はてなグループのダイアリーを使うほうが無難ということかも。:-)

*1:エンコードがShift_JISの2ちゃんねるを閲覧した場合には「鈺」は化けません。あるいはエンコーディングの違いのほかにCSSでのフォント指定も関係しているのかもしれません。もう少しいくつかの事例を確認する必要があるかもしれません。